業務委託契約の知識に不安があるなら専用サイトを使って優良案件を獲得しよう

業務委託契約相談所

仕事探しには専用サイトを使おう

仕事探しには専用サイトを使おう

フリーランスで仕事を始めるエンジニアなどの人は初期の段階では仕事を受注するのも大変だと思いますし、業務委託契約書の結び方などもよくわからないと思います。そんな人たちにおすすめしたいのがエージェントサービスを利用することです。フリーランスで働くエンジニアの仕事はもちろんライターとして働きたい人のためのエージェントサービスもあります。そのような専門サイトのエージェントサービスを受けると比較的容易に優良案件を探すことができ業務委託契約書の手続きなども代行してくれる場合多く、フリーランスになりたての人のサポートとして頼もしい存在になると思います。

Pocket

レバテックフリーランスで仕事を探そう

最初に紹介するのが「レバテックフリーランス」です。

レバテックフリーランスはフリーランスで働くエンジニア向けの案件を多数持っています。
https://freelance.levtech.jp/
https://freelance.levtech.jp/

テクニカルカウンセラーというスタッフはエンジニアの経験者が多く話が通じやすいので、自分が希望する案件を伝えやすいというメリットがあります。また企業担当のスタッフはIT業界の企業に精通しているので、応募者と企業をマッチングするのが得意です。またフォロー担当のスタッフもいて、仕事を始めた後も困ったことがあったら相談をすることができますので安心して仕事ができるでしょう。

KPROJECTで仕事を探そう

次に紹介するのが「KPROJECT」です。

KPROJECTは、エンジニア向けの案件も豊富ですし、フリーランスで働くエンジニアに嬉しいサービスがあると評判です。
https://www.kproject.co.jp/lp/freelance/
https://www.kproject.co.jp/lp/freelance/

例えば仕事ぶりが認められて、継続して仕事の依頼を受けたエンジニアにはKPROJECTから報酬が別に出るという営業インセンティブ制度があります。またフリーランスとして営業活動をするために必要な名刺やメールアドレスなどのツールの作成を手伝ってくれます。費用もKPROJECTが負担してくれます。また確定申告の講習会も開催されており、初めての確定申告に頭を悩ませる新人のフリーランスエンジニアをフォローしてくれます。これらの独自のサービスによりフリーランスで仕事をしているエンジニアをサポートしてくれるので頼れる存在になるかもしれません。

PENYAで仕事を探す

最後に紹介するのが「PENYA」です。

PENYAはフリーランスでライターをする人むけの専門サイトです。
http://penya.jp/
http://penya.jp/

フリーランスで仕事をするライターやエディターなどに向けた案件を豊富に持っているので、仕事を探しているフリーランスのライターはこのサイトに登録することで仕事を受注しやすくなるかもしれません。Web時代のライターに必要なスキルやSNSの使いこない方など、役に立つ情報も発信してくれるので参考になるのではないでしょうか。セミナーやイベントも開催予定ということですので、興味のある方はPENYAのサイトをのぞいてみるといいでしょう。

まとめ

フリーランスになって最も多くの人が仕事の受注方法について悩んでいます。ここでご紹介したようなサービスを活用してまずは案件を増やしていくことが大切です。