業務委託として優良案件を獲得しよう

業務委託契約相談所

優良案件を受けるために

フリーランスとして働くならば、契約に関する最低限の知識は必要です。しかし、法律の専門家なわけではありませんし、素人として身につけられる知識には限界があるのも事実です。業務委託や請負に関する契約を締結する際は慎重に確認することも大切ですが、その前にまず、取引するクライアントをしっかりと見極める目を養うことや、余計な心配をせずに優良な案件を獲得するルートを確保するなど、トラブルを避けるためにできる対策は色々あります。

  • 危ないクライアントの見分け方

    危ないクライアントの見分け方

    請負仕事をするなら優良案件を発注してくれるクライアントと業務委託契約を結び、長い間有効な関係を築いて仕事のできるビジネスパートナーになりたいものです。しかし現実にはよいクライアントもいればトラブルばかり起こしてくる危険なクライアントもいます。どのクライアントは危険なのか見分ける方法は3つあります。「返事が遅い」「納品期日が厳しすぎる」「報酬を値切る」これらが当てはまるクライアントは危険な可能性がありますので早めに手を切った方がいいと思います。

    続きはこちら

  • 仕事探しには専用サイトを使おう

    仕事探しには専用サイトを使おう

    フリーランスで働くエンジニアやライターの人にとって請負仕事を受注するのは大変なことです。特にフリーランスになりたての人は優良案件を受注するのが難しいと思います。そんな人向けの専門サイトが提供しているエージェントサービスを活用することをおすすめします。仕事を受注するだけでなく、業務委託契約書の作成などのわずらわしさからも解放されるかもしれません。エンジニア向けには「レバテックフリーランス」と「KPROJECT」を、ライター向けには「PENYA」をお勧めします。

    続きはこちら

  • クラウドソーシングにはご注意を

    クラウドソーシングにはご注意を

    フリーランスのエンジニアが仕事を得る場として「クラウドソーシング」という選択肢があります。クラウドソーシングサービス会社が仕事の依頼主と、仕事をしたいフリーランスを結びつける場を提供しています。業務委託契約としての請負契約で守られるべき進行途中の自由が保障されているケースが多く、優良案件もありますので人気が高まっています。しかし誰でも仕事が依頼できるという事は、困ったクライアントも数多くいるという事を知っておきましょう。

    続きはこちら